疲れは交感神経と副交感神経が関係

疲れは交感神経と副交感神経が関係している

私たちが普段活動しているときには交感神経が優位になっています。交感神経は筋肉を動かしたり、気持ちを高めたり、血行を促進させる働きがあるため、仕事や運動を行う際に欠かせないものです。

 

これとは逆の働きとして副交感神経というものがあります。この神経は体の筋肉の働きを落ち着かせたり、精神をリラックスさせる働きがあります。

 

健康的な方は交感神経と副交感神経がバランスよく切り替わりながら働いているのですが、現代人はこのバランスが崩れがちなのです。その理由は生活習慣にあります。

 

今は誰もがスマートフォンを持っていますが、夜遅くにまでスマホを使用していると強い光を浴びた状態になっていて脳が眠ろうとせずに活性化したままの状態になっています。そのため、眠気を感じることがほとんどなくなり短時間睡眠が当たり前となってしまいます。当然眠れなかった分は翌日以降に疲れとなって出てくるので調子が悪くなるのです。

 

もう一つは残業です。日本人は外国の方に比べて夜遅くまで働くことが多いので体を休める時間がとても少ないので問題となっています。残業のし過ぎで疲れると仕事のパフォーマンスがていかするためよろしくありませんよね。

 

疲れたと思ったら健康食品で回復しましょう

疲れているときには健康食品を食べて体を回復させることを優先しましょう。当サイトではにんにくを食べて活力を取り戻すことをおすすめしています。
疲れやすい